誰にも聞けない中小企業経営者の叫び

誰にも聞けない中小企業経営者の叫び│社長のお悩み相談所

確定申告に印鑑は必要?押し忘れたときの対処方法について

2017.9.11

確定申告の印鑑を押すときに気をつける事とは?

印鑑を押す場所や押し忘れたときの対処方法などを紹介します。

事業の場合は、確定申告の控えも受領印も必要なものとなる可能性が高いのできちんと保管しておきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

確定申告のときに売上計算しやすいのは?消費税込or消費税抜

個人事業主の場合、消費税は必ず納めなくてはいけないものなのでしょうか? 確定申告のときに売上の...

法人税の予定納税とは?還付や仕分け方法について

法人税を納付するにはふたつの方法があるようです。どちらにするかの判断基準とは? 法人税が還付さ...

確定申告で損益通算できるものとは?株やfxについて解説!

株などで損失が出て確定申告をする必要がなくても、損益通算や繰越控除を行うことによって節税することがで...

法人税の中間納付の期限から仕訳方法まで詳しく解説します!

法人税は、前年度の法人税額によって中間申告及び中間納付を行うことになっています。 では、その期...

消費税の還付申告に必要な明細書の書き方の注意点を教えます!

消費税の還付申告を行う場合、「消費税の還付申告に関する明細書」の添付が義務化されました。 以前...

法人税の中間納税とは?勘定科目と仕訳の方法

法人税を中間納税するときにはどんな方法があるのでしょうか? 中間納付の方法は自分で選ぶことがで...

確定申告における収入金額と所得金額、消費税の関係

個人事業主が確定申告をする際には、収入金額より所得金額を計算し、その必要性があるかどうかを判断するこ...

確定申告の事業専従者とパートの両立、扶養控除との考え方

確定申告の青色事業専従者をしている妻が、家計を支えるためにパートに出ているというケースは多いですが、...

確定申告をきちんとしないと追加納税が必要になる場合も

確定申告の提出が遅れたり、修正があったときにはどんなペナルティがあるのでしょうか? 追加納税と...

会計予算案の読み方や作り方、押さえておきたいポイント

会計予算案は、基本的な知識がなければすぐに限界が訪れます。 読み方や作り方を覚えなくてもなんと...

確定申告で通帳のコピーは必要?青色申告するなら持参しましょう

確定申告をするときには銀行の通帳は持っていくべきなのでしょうか? 青色申告するなら、通帳とコピ...

確定申告が必要な個人年金の基準について

確定申告不要制度によって、確定申告を行う年金受給者は減ったと言われています。 しかし、一定金額...

確定申告の時には固定資産税を忘れずに経費に計上しましょう

事業所を持っている場合、固定資産税を支払っている経営者の人もいることでしょう。 そこで疑問に思...

確定申告による予定納税の義務や還付、減額申請について

予定納税とは、事業経営者が前年の所得税が15万円を超える場合に納める義務があり、忘れてしまうと延滞税...

消費税の還付金を受けるための方法や仕訳処理について

事業者は、売上で預かった消費税額から仕入れなどで支払った消費税額を差し引いた額を国に納税します。 ...

スポンサーリンク

確定申告で印鑑を押し忘れた場合、再提出は必要?

確定申告の書類に印鑑を押し忘れたときはどんな対処方法があるのでしょうか?気がついたらまずは税務署に問い合わせてみましょう。

確定申告で印鑑の押し忘れに気がついたら?

確定申告の書類にすべて記入して、税務署に提出しようとしたときに印鑑の押し忘れをした場合は、再度、印鑑を押して提出することになります。

押し忘れたときにも対応できるように印鑑も持って行くようにしましょう。

確定申告で印鑑の押し忘れがあったときは?

確定申告を郵送で送った場合、印鑑の押し忘れはよくあることのようです。窓口であれば、気がつきますが郵送の場合はどうしたらいいのでしょうか?

氏名の横の印鑑は押してなくとも大丈夫な場合が多いそうですが、税務署や担当者によって違うこともあるようです。
無申告扱いになり後で追徴課税になるのを防ぐためにも税務署に電話で問い合わせすることをおすすめします。

確定申告の印鑑を押し忘れ・・申告書の効力は?

確定申告の印鑑を押し忘れた場合、法律的にはどうなのでしょうか?
法人税法では151条で「自署し自己の印を押印しなければならない」と定められていますが、所得税法には、そのような規定がありません。

印鑑がないということは、税法を守っていないことになるので申告書は無効になるように思いますが、法人税法151条4項には、「自署及び押印の有無は法人税申告書の提出により申告の効力に影響を及ぼすものと解してはならない。」とあります。
押印がなくても申告書は有効だという意味となるので印鑑を押していなくても無効にはならないことを表します。

確定申告の印鑑の押し忘れや記入漏れがあった時の対処方法

確定申告の印鑑を押し忘れたり、添付書類の出し忘れがあったときはまず税務署に問い合わせてみましょう。
申告期限内に気づいたのであれば、もう一度申告書を作って「訂正申告」することができます。再度税務署で手続きを行う手間がかかってしまいますが確実に申告書類を受け取ってもらうことができます。

申告期限後に気づいた場合は修正申告書を作成して「修正申告」を提出しましょう。税務署の調査後に指摘を受けて修正申告をした場合は足している税額、延滞税や加算税などを支払わなければいけない事もあるので気をつけましょう。

確定申告のときには印鑑を持って行きましょう!

訂正箇所があった場合、印鑑を使うこともあるのでシャチハタなどのゴム印ではないものを持っていきましょう。
申告書の控えも必要となります。提出した証明として申告書をコピーしたものに受領印を押してもらってください。

 

経費の科目など相談したい場合は、領収書などの書類も一緒に持っていくことでスムーズに確認することができます。

 

郵送やネットは便利ですが不備があったときには、税務署に行かなければいけないこともあるので確定申告に慣れていない場合は税務署に持参し相談してから提出するといいでしょう。

確定申告の印鑑を押す場所とは?

確定申告の印鑑を押す場所はわかりやすいけれど、忘れてしまいがちです。印鑑が必要ない場合もありますが、最後に確認するのをお忘れなく。

確定申告の印鑑を押す場所は氏名の横

確定申告の印鑑を押す場所は氏名の右側です。印という押印する場所があり、ここに印鑑を押すことによって本人から提出されたという確認になります。
返送されてくる控えのほうにも、印鑑を押す場所にはすべて押しておきましょう。

確定申告で印鑑を押す場所が見つからない場合は?

自分で電子申告したときや税務署に書類を持っていき、税理士が電子申告してくれた場合などは印鑑は必要ありません。
紙の確定申告用紙であれば印鑑は必要となります。
どちらで提出したかわからないときには、控えを確認しましょう。

確定申告の印鑑を押す場所に正しく押印!

できれば、何度も書き直しや間違いはしたくないですよね。印鑑もかすれていたりつぶれていることのないようにしっかり押しましょう。
印鑑に朱肉をつけるときは、適量をつけ印鑑の縁まで適量がつくようにポンポンと軽く押さえるようにしましょう。朱肉に強く押し付けると印がつぶれてしまいやすくなります。

押すときは片手だけでなく、もう片方の手も添えるといいでしょう。印鑑マットがあれば押しやすいですね。
印鑑を押す強さや朱肉の量を知るためにも、試し押しをしておくと失敗が少ないでしょう。

 

朱肉は油性なので、木の印鑑の場合は痛めてしまう原因となります。ティッシュなどで上から軽く押さえておくことで劣化を防止できます。

確定申告の印鑑はどんなものを用意したらいいでしょう?

確定申告のときに使う印鑑はシャチハタ以外のものとなりますが、実印や銀行印が必要なときもあるので注意してください。
納税をする予定があるときは、銀行印を持参するようにしましょう。

 

納付日に自動で銀行口座より税金が引き落としされるよう、新規で振替納税をしようとしている場合は銀行印があれば申告書作成会場にて、手続きを終えることができます。
事業をしている人は、認め印と銀行印を用意しておきましょう。

確定申告の印鑑は会社の代表印?

法人税の申告書に押す印鑑はどのようなものを用意したらいいのでしょうか?
法人税法には、自己の印のあるので申告書に署名をした代表者個人の印鑑のことを指します。実印の必要はなく、認印でも大丈夫です。
自署や押印をしないだけで罰則となる規定もあるので気をつけましょう。

確定申告に必要な印鑑とは?シャチハタがNGな理由

確定申告にシャチハタが使えないは、どんな理由からなのでしょうか?事業で確定申告の控え印が必要な場合とは?

確定申告でシャチハタ以外の印鑑が必要な理由

確定申告には認め印は使うことができますが、どうしてシャチハタは使えないのでしょうか?確定申告に限らず、シャチハタはNGな事が多いですよね。

その理由には、シャチハタがゴム印なことがあげられます。ゴム印は簡単に作れる上に簡単に押すことができます。
また、印面がゴムのため年月が経つにつれて劣化したり、朱肉を使用した捺印でないので確定申告の提出印として認められません。

確定申告で印鑑を押してもらう必要があるのはなぜ?

確定申告を提出の際に、申告書の控えに税務署から押してもらう「控え印」というものがあります。
この控え印には提出した日付が書かれています。この日付があることによってきちんと期限内に提出したことや受領されたことがわかります。

事業をしている場合、確定申告書のコピーを提出することもあるでしょう。このときにコピーに控え印があることで一層信頼性が増すので確定申告書の控えは大切に保管してください。

 

申告書の控えを紛失して再発行したとしても、控え印は押してもらえません。

確定申告で印鑑を押してもらう必要がある控え印がないときは・・

銀行に融資の申し込みをするときなど、確定申告書の提出を求められますがe-Taxを利用して確定申告をした場合は、税務署から押してもらう「控え印」はありません。

 

この受領印がない代わりに「受信通知」や「申告書」で対応してもらえるそうです。すべての銀行がというわけではないので、取引銀行に確認してください。

 

紙面のみの受付という銀行であれば、融資を希望している年の確定申告は紙面で行うようにしましょう。
確定申告が2期分必要なこともあるので確認が必要となります。

確定申告で必要なのは分かりやすさ!

確定申告のような書類は、訂正箇所がある場合はどうしたらいいのでしょうか?修正液・修正テープを使ってもいいのか、訂正印を使うべきなのか迷ってしまいますよね。

 

修正液やテープで訂正した場合は税務署で受領拒否されてしまう可能性があります。
訂正箇所が一か所であったり、金額の項目でなければ訂正印を押して修正してもいいでしょう。

 

できれば、新しい記入用紙に一から書き直したほうが、受領されなかったり誤った内容で受理されてしまうのを防げます。
書類の申告項目や内容が分かりやすいように記入しましょう。

確定申告の書き直しは必要?訂正方法について

契約書などの場合は、書き損じた部分に二重線をして訂正印を押すことが多いと思います。
確定申告書の場合は、書き損じた部分を二重線で消し余白などに正しい金額などを記載することになっています。
訂正印は、必要ではありませんが押してあっても問題はありません。

 - カネの悩み