誰にも聞けない中小企業経営者の叫び

誰にも聞けない中小企業経営者の叫び│社長のお悩み相談所

新入社員に困惑、ゆとり世代の仰天エピソードから見る対策

2017.9.28

新入社員に対し「これだからゆとりは・・・」と感じる場面ありますよね。

イラッとする気持ちもわかりますが、ゆとり世代の特徴やエピソードを知ることで、どんな対策を取るべきなのかが見えてくると思います。

5年後にはおもしろい逸材に成長する可能性もあります。諦めずに粘り強く指導していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

休業補償の計算、個人事業主やパート、派遣社員について

交通事故などで仕事が出来なくなってしまう場合もありますが、その際に気になるのが「休業補償」です。 ...

労働時間における労働者に与えるべき休憩時間の関係

働くなかで休憩時間とは、その時間だけは仕事から離れることを許される時間になります。 ですから、...

新入社員の雇い入れ時の健康診断は会社の義務

会社が新入社員を雇い入れしたときは、健康診断を受けさせる義務があります。 それは、新入社員に限らず...

タイムカードによる打刻の必要性や社内の打刻トラブル回避法

タイムカードによる打刻時間がイコール働いた労働時間とはなりません。 タイムカードによる打刻につ...

バイトは簡単にクビにできる?法律上のルールを理解しましょう

勤務態度が悪いバイトをクビにしたい・・・そんな事態になることもあるでしょうが、バイトであっても簡単に...

残業の休憩時間の取り方とは?休憩なしは労働基準法違反?

残業をする場合は休憩時間が必要?休憩時間の取り方はきちんと決まりがあるようです。 残業前には3...

タイムカードの押し忘れ問題・・・その対策法を考えましょう

勤怠管理の方法としてタイムカードを利用している会社にとって、押し忘れの問題が多いのが悩みなのではない...

新入社員の遅刻に対する正しい指導法や改善策について

遅刻が多い新入社員には、経営者として指導をしなくてはなりません。 そして、本人が「遅刻してしまった...

労働時間の月平均時間、○時間を超えると過労死に繋がる

労働時間は労働基準法で決められていますが、定時に帰ることなく残業をせざる負えないのが現状です。 ...

残業80時間超えが当たり前となっている管理職や社員の実態

過労死ラインとされる残業80時間。 長時間労働を強いられる管理職や社員も多く、特に管理職は長時...

部下にパワハラを訴えられた場合の対策とそうなる前の注意点

部下への指導の度が過ぎてしまうと、パワハラを訴えられる可能性があります。 もし訴えられた場合、訴え...

雇用保険被保険者証の再発行、会社側が確認すべき内容とは

労働者が再就職する際に欠かせない書類「雇用保険被保険者証」。用紙も小さく在職中は特に必要としないため...

パワハラは解雇理由になるのか、解雇を匂わすのも危険

社会問題となっているパワー・ハラスメント、いわゆる「パワハラ」。パワハラが横行している職場環境は問題...

雇用保険と労災保険の違いやメリット、加入方法について

労働者が働くために守られている公的な保険のうち、雇用保険と労災保険の違いとはどんなことでしょうか? ...

新入社員の教育方法!教育係との関係性、指導のポイント

新入社員にはそれぞれ教育係がつき、資料に基づいて指導を行うことと思いますが、教育方法ももちろん大切で...

スポンサーリンク

新入社員はゆとり世代、その特徴・対策とは

新入社員を見ているとあらゆる場面でゆとり世代だと感じてしまいますが、そもそもゆとりと言われる世代にはどんな特徴があるのでしょうか。またゆとり世代への対策とは。ゆとり世代の年代についてもご紹介します。

新入社員はゆとり世代?その特徴とは

ゆとり世代の最大の特徴とでもいうのが、「仕事よりプライベート優先」という点です。大きな仕事をやり遂げる達成感、1つのチームで仕事をやり遂げることよりも、自分の好きな時に好きな事をする、仕事よりもプライベートの方が大事なのです。

新入社員をゆとりだと感じる瞬間

ゆとり世代の多くは、とにかく「楽をするため」に必死です。指示された仕事をどう楽に早く終わらせるかが重要で、それは決して効率化を追求するのではなく、単に早く終わらせようとしているにすぎません。

 

仕事への意欲も薄く、何かをチャレンジしたり指示された以上の仕事を行う気もありません。指示待ちが当たり前であり、マニュアル度通りにしか動きません。

新入社員に多いゆとり世代、自己主張だけは一人前

ゆとり世代と接してみると気付くのが、強い自己主張です。
自己主張が決して悪いわけではなく、それが仕事面に生かされれば問題ないのですが、ゆとり世代の多くは自分を守るだけの自己主張だけは一人前で、仕事上においてはマイナス面に働いてしまうケースが多く見られます。

新入社員のゆとり世代への対策

・リアクションに対して関心を示さない

 

ワガママで自分の都合のいいように解釈ばかりするゆとり世代もいます。そのような社員には、関心を示さず恐い印象を植え付けることで、この人には気を付けなければと気付かせることができます。

 

・注意する時は第三者の存在をチラつかせる

 

「お前が悪い」のではなく「周りが困るかもしれないから○○はよくない」などのように注意しましょう。ゆとり世代は周りと自分の存在価値に敏感なので効果的です。

新入社員をいつからゆとり世代と呼ぶようになったのか

ゆとり世代は、80年代後半から00年代前半を指し、1987~1988年生まれが「ゆとり第一世代」と呼ばれています。
ゆとり世代は平成生まれだけに思われますが、昭和から平成に変わるタイミングでゆとり教育が導入されたことから、昭和生まれのゆとり世代も存在します。

新入社員のゆとりエピソード、その驚きの行動とは

新入社員の頃は、緊張しつつもなんとか仕事を覚えて一人前になろうという姿勢でいるものですが、ゆとり世代は違います。その驚きの行動とは?ゆとり世代の考えられないエピソード、イラッとしてしまうエピソードをご紹介します。

新入社員のゆとりエピソード、その1

職場にかかってきた電話は、新入社員が率先して取るよう指導されたにもかかわらず、新入社員A君は無視。デスクに座ったままパソコン画面に夢中です。手が空いていたら、忙しくしている先輩の手伝いをするものですが、それさえもしません。
指示待ち人間のA君には、現場で1つ1つ丁寧に教えなければなりませんでした。

新入社員のゆとりエピソード、その2

上司と話をするときは「はい」ではなく「うんうん」「へー」は当たり前、指導する際もメモすら取りません。御社と弊社の言葉の間違いくらいは可愛いもんです。

 

それに、渡されたメモがあまりにも汚く注意したら「これが俺なんで」との返事。一般常識が通用せず、どこから教育をし直すべきか頭を悩ませています。

新入社員のゆとりエピソード、その3

入社式での社長の挨拶。普通は気を引き締め緊張感をもって話を聞くものですが、みると最前列にも関わらず寝ているゆとり世代が・・・。入社後の立食パーティーでも食べることに夢中で周りと交流する気ゼロ。私たち世代からしたら考えられません。

新入社員のゆとり世代は奇行エピソードが多い

会議後の片づけ作業をしているにも関わらず、ただ立って見ているだけの新入社員。注意すると「だって指示されていないからやる必要ないのかと・・・」との返事。

 

その後の飲み会の出欠確認をした時には「当然残業代出ますよね?」もう何も言えません。

新入社員のゆとりエピソードに驚いてはいけない

ゆとり世代に見られる驚きのエピソード。でもその行動に対してガンガン怒ってばかりいられないのも現実です。
それは、ゆとり世代は怒られることに慣れていないからです。ちょっと厳しく指導しただけでも「モラハラだ!」と騒ぎ立てます。

 

仕事上のトラブルで取引先に怒られるともう大変。その日はふさぎ込んでしまい仕事にならないこともよくあること。とにかくメンタルが弱く、その上自己主張だけは強いので、裏で何を言っているのかわかりません。

新入社員はゆとりだと諦めずに教育することでおもしろい逸材にも

新入社員はゆとりだから・・・と諦めていませんか?思わずビックリしてしまう行動もありますが、上手に付き合えばおもしろい逸材になる可能性を秘めています。飴はほどほどに、時には厳しく接し教育していきましょう。

イマドキ新入社員、ゆとりならではのおもしろ行動とは

・夏によくお中元が届くのですが、その中に入っているドライアイスに水を入れて足元に。理由を聞くと「クーラーの代用です」とのこと。その子の周りは白い煙で覆われていました。

 

・オフィス内が少し肌寒い日、ブランケットを膝ではなく頭にかぶって仕事をしていた新入社員Aさん。

どれも「え?」と一瞬びっくりしてしまう行動ですよね。

ゆとりはおもしろいと言ってられない!新入社員への教育

ゆとりエピソードの中には思わず笑ってしまうような話もありますが、おもしろいと言ってられないのも現実。中には学生気分が抜けず、態度が悪い新入社員もいるでしょう。

 

その場合は、毅然とした態度で指導するのが一番ですが、叱る時は必ず別室に呼び出すようにしましょう。大勢の前で叱るとパワハラだと言われてしまう可能性があります。また、指導は入社後3ヶ月間がポイント。それを過ぎても直らなければ、残念ながら見込みありません。

新入社員のゆとり世代も上手に付き合えばおもしろい存在に

ゆとり世代に指導する際は、指導する側の心構えも重要なポイントとなります。
指導した全てのことをやると思わないでください。過信は禁物です。

 

指導する際の表現も曖昧ではいけません。「誰が、いつ、何を、どの量を用いるべきなのか」など4W2Hを使いながら、具体的に指示を出しましょう。そして、その指示が終わるまで言い続けることが大切です。

 

上手く付き合っていくことで、ゆとり世代の行動も少しずつ変わってくるでしょう。

新入社員のゆとり世代はじっくり育てるとおもしろい

ゆとり世代の教育で大事なのは、焦らないことです。
ゆとり世代は育たないわけではありません。育つのにちょっとばかり遅いだけなのです。ゆとり世代を見ると「私たちの頃は・・・」とつい比較してしまいますが、それはもうやめましょう。5年後の成長を見据えて指導するいことが大切です。
指示さえすれば真面目に取り組む世代でもあるので、上手に育てていけば立派に成長することでしょう。

新入社員のゆとり世代はおもしろいのではなく考え方が違うだけ

新入社員の教育は大変です。イライラすることも必ずありますが、人は誰しも良い面悪い面を持ち合わせています。考えられない行動も、もしかしたら悪気がない故の行動かもしれません。考え方がちょっと違うだけなのです。

 

劣っている部分を補い、時には厳しく優しく接することで、ゆとり世代もきっと変わってくることでしょう。

 - ヒトの悩み